保健師というと公的な機関で仕事をする人が多いです。保健所や役所の関係する部署で仕事をする形です。このような公的機関で仕事をする保健師のことを行政保健師と呼ぶこともあります。行政保健師のいい所は、実質上公務員扱いを受けられるところです。ですから仕事が安定していますし、土日は休み、育児休暇などの福利厚生もきちんとしているので長期的に仕事を続けられます。将来的な安定を求めて転職するのであれば、行政保健師は候補に入れておくべきです。

 

行政保健師として仕事をした場合、どのくらいの給料を得られるのでしょうか?行政保健師は先ほども紹介したように、公務員扱いとなります。このため、公務員に支払われる給料をベースにして待遇が決められます。

 

行政保健師の初任給は、23万円前後といわれています。そして年収で見ると平均して500万円程度になります。しかしキャリアを積み重ねていくと給料も上がりますし、ボーナスも年に2回、月収2か月分以上くれる所も多いので、魅力的といえます。

続きを読む

保健師の中には、健診センターで仕事をしている人も見られます。健康診断や人間ドックを行う施設で、健康に関する相談を行います。健康診断を受けた人の中には、結果のあまり芳しくなかった人もいます。そのような人に対して今後日常生活の中でどのようなことに注意をすべきかといったことのアドバイスをします。

 

健診センターに転職した場合、どの程度の給料を稼げるのでしょうか?健診センターによって多少の違いはあるものの、平均すると月収は35万円程度の条件で募集されていることが多いです。年収にすると、450〜500万円程度になると思ってください。

 

健診センターでは、パートタイマーとして仕事をしている人もいます。この場合、時給で見ると1800〜2000円といった条件で募集されている求人が多いです。ただし健診センターの場合、パートタイマーのような非常勤であっても、自分の好きなようにシフトの決められない所も多いので注意する必要があります。

続きを読む

保健師の中で、一般企業への転職を希望する人も最近では増えてきています。企業の医務室などに勤務して、従業員の健康管理やより従業員が仕事のしやすい環境を整備するためにはどうすればいいかといったことを会社に提言するのが主な仕事です。

 

企業保健師とか、産業保健師とか呼ばれますが転職した場合の給料はどのくらいでしょうか?キャリアなどによっても変わってきますが、30歳くらいの保健師で年収500〜600万円程度という条件で募集されている案件が多いです。保健師の持つキャリア以外にも、会社の規模などによっても給料は違ってきます。誰もが知っている有名企業や大企業に就職した方が、給料はよくなる傾向が見られるようです。

 

ただし企業保健師の募集は、それほど頻繁に、かつ大量に採用されることは少ないです。1〜2名としている所が多く、欠員が出たところで募集の行われる傾向があります。このようにしてみると、企業保健師だけにターゲットを絞った場合、そう簡単に転職先の見つからない可能性もあります。

続きを読む

保健師の中には、学校で仕事をしている人もいます。学校保健師などと呼ばれることもありますが、いわゆる保健室で勤務をしている先生のことで、学生の体調管理などの担当をします。小学校から高校までは、養護教諭の免許がないといけません。しかし大学や専門学校であれば、養護教諭の免許がなくても学校保健師として活躍することは可能です。

 

学校保健師の場合、給料がどのくらいになるかは公立か私立によって変わってきます。公立の場合、公務員扱いになるので自治体の給与体系を基準として決められます。私立の場合、それぞれの学校で独自に決めますので、多少ばらつきの起きる可能性があります。しかし平均すると年収は500〜600万円といった条件で仕事をしている人が多いようです。

 

学校保健師は雇用形態もさまざまであるところにも注目です。正社員の他にも派遣やパートで仕事をしている人もいます。結婚した後も仕事を続けたいと思っているのであれば、学校保健師も有力な選択肢の一つになりえます。

 

特殊な職場ということもあり、求人探しの前に学校保健師になろう!求人探し&採用対策のポイントまとめで基本的なことだけでも押さえておきましょう。

続きを読む

本格的な高齢化社会を迎え、少子化もあってますますその傾向は今後強まってくるとされています。そこで高齢者のケアをするための介護施設が日本全国にますます増えてくるのではないかと予想されています。皆さんの自宅の近くにも、老人ホームやデイサービスの事業所はありませんか?

 

介護施設の中には、さまざまなスタッフが仕事をしています。中には保健師として仕事をしている人もいます。簡単な診察や医療処置をするとか、健康相談に乗るといったことを行います。介護や福祉に関して興味を持っている保健師がいれば、転職も視野に入れるべきではないでしょうか?

 

介護施設で働く保健師の給料を見てみると、年収平均で400〜450万円といった条件で仕事をしている人が多いようです。少しほかのジャンルと比較すると、給料が少なめといえるかもしれません。しかし今後介護の仕事は増えてきますので、待遇改善を図って人材を確保する動きも高まってくるでしょう。

続きを読む