行政保健師の給料はどのくらい?

保健師というと公的な機関で仕事をする人が多いです。保健所や役所の関係する部署で仕事をする形です。このような公的機関で仕事をする保健師のことを行政保健師と呼ぶこともあります。行政保健師のいい所は、実質上公務員扱いを受けられるところです。ですから仕事が安定していますし、土日は休み、育児休暇などの福利厚生もきちんとしているので長期的に仕事を続けられます。将来的な安定を求めて転職するのであれば、行政保健師は候補に入れておくべきです。

 

行政保健師として仕事をした場合、どのくらいの給料を得られるのでしょうか?行政保健師は先ほども紹介したように、公務員扱いとなります。このため、公務員に支払われる給料をベースにして待遇が決められます。

 

行政保健師の初任給は、23万円前後といわれています。そして年収で見ると平均して500万円程度になります。しかしキャリアを積み重ねていくと給料も上がりますし、ボーナスも年に2回、月収2か月分以上くれる所も多いので、魅力的といえます。